江ノ島・鎌倉の人気スポットをお得にめぐろう♪

『江の島・鎌倉フリーパス』でお得にめぐろう♪夏に行きたいスポットを紹介!

  • #おでかけ
  • #江の島・鎌倉フリーパス
  • #グルメ

江の島・鎌倉フリーパスとは?

年間を通じて楽しめるスポットがたくさんの江ノ島・鎌倉エリアですが、夏は特にエリア全体が賑わいます。夏を感じることのできる海沿いのお散歩や、夏にぴったりのスイーツやお土産探しなど、夏の江ノ島・鎌倉を満喫しにおでかけしてみませんか。小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由の『江の島・鎌倉フリーパス』を使えば、電車の乗り降りも楽で、便利でお得に江ノ島・鎌倉散策を楽しめます。小田急線(発駅~藤沢)の往復割引きっぷが付いて、対象の店舗や施設で優待や割引も受けられるので、めぐればめぐるほどお得になります♪

▲小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由に♪

特におすすめなのは、スマホで購入し、そのままスマホがチケットになるデジタル版江の島・鎌倉フリーパスです。いつでもどこでも購入できるので、思い立った時にすぐに購入できてチケットをなくす心配もなく安心です♪

▲乗り降りや優待・割引を受ける際は、画面を見せるだけ!

デジタル江の島・鎌倉フリーパスの詳細は以下のリンクよりご確認ください。

早起きして朝ごはんから始める江ノ島・鎌倉旅♪

今回ご紹介するコースを『江の島・鎌倉フリーパス』を使ってめぐると【338円※】お得になります!優待・割引を使えばさらにお得に♪
※新宿駅発、IC利用の場合
============================================
『江の島・鎌倉フリーパス』料金
■ 新宿から    
 おとな:1,640円 こども:430円
■ 代々木上原から
 おとな:1,640円 こども:430円
■ 下北沢から
 おとな:1,570円 こども:430円
■ 登戸から
 おとな:1,400円 こども:430円
■ 町田から
 おとな:1,180円 こども:430円

※ 上記の料金は一例です。小田急線の各駅より発売しております。
============================================

明るくなるのが早い夏の朝は早起きにぴったり!朝ごはんからスタートして、江ノ島・鎌倉を一日たっぷり満喫しましょう。

新宿駅から小田急線に乗って片瀬江ノ島駅へ。竜宮城をイメージして造られた、片瀬江ノ島駅の駅舎に旅の気分が高まります♪

▲本格的な竜宮造りの駅舎です

▲新江ノ島水族館とコラボレーションした大型の「クラゲ水槽」も見どころです♪

すぐそばの相模湾などから仕入れ!朝8時から満腹に『江ノ島小屋』

片瀬江ノ島駅に着いたらさっそく、駅の近くで海鮮たっぷりの朝ごはんを食べるのはいかがでしょう。

『江ノ島小屋(エノシマコヤ)』はいつも大人気で、お昼頃にはたくさんのお客さんがいらっしゃいますが、実は朝8時から営業しています! おすすめのメニューは「まかない丼」。大きな海苔が堂々と1枚、丼の上にのっており、下をめくるとなめろうが豪快にたっぷり。そのまま食べてもよし、混ぜてもよし、海苔で巻いてもよし...食べ方はあなたの自由。一緒についているお出汁をかけてお茶漬けにするのも最高です!

夏にぴったり!ハワイアンベーカリー『Pacific BAKERY』

朝ごはんを食べて今日一日のエネルギーがチャージできたら、夏を感じに江ノ電に乗って七里ガ浜へ。

▲江ノ電の車窓から眺める海も最高です♪

七里ヶ浜駅に降り立ち、海沿いを少しお散歩したら夏にぴったりなハワイアンなパンや焼き菓子を目指して、海を背に坂を登ってみましょう。

2021年8月にリニューアルした『Pacific BAKERY』は、七里ガ浜ローカルに親しまれる、坂の上のハワイアンベーカリー。イートインスペースやテラス席も加わって、ゆったり過ごせる憩いの場に。ここでしか食べられない新フレーバーのスコーンや、"Aloha" ロゴがトレードマークのふわ甘食パン「ココナッツミルクブレッド」が新登場!スケールアップしたお店にぜひ足を運んでみて。

▲お店の外観からもハワイを感じられます♪

坂の上を満喫したら、そろそろ海方面に。坂を下りる前に、坂の上からの絶景を見逃さないで!目線の先には水平線、キラキラと光る海、そして踏切を渡る江ノ電と、思わず写真におさめたくなるような光景が広がります。

▲12分間隔で走る江ノ電が通るのを待っていたくなるような景色

江ノ電沿いの甘味処でほっと一息『鎌倉 無心庵』

七里ガ浜で夏を満喫した後は、再び江ノ電に乗って和田塚駅へ。暑さで疲れた体をすっきりとした甘さの和のスイーツで癒してあげてはいかがでしょうか。

『鎌倉 無心庵』は、江ノ電の和田塚駅からも見えるので、気になる方も多い甘味処。30年以上前に自宅を改装してオープンしたお店の一番人気は、クリームあんみつ。皮までやわらかい北海道産の赤えんどう豆は、約3日間かけて丁寧に作られたもので、お店の多くのメニューに使われています。

▲一番人気のクリームあんみつ

▲江ノ電がゆっくりと走る音と、懐かしさを感じるお店の雰囲気が心地よく思わず長居してしまいます

行列のできる人気店「かかん」の味が楽しめるおみやげ専門店『みやげ屋かかん』

和田塚駅周辺でもう1箇所、立ち寄りたいスポットがあります。麻婆豆腐が人気の飲食店「かかん」の味が楽しめるおみやげ専門店『みやげ屋かかん』。自宅で作れる麻婆豆腐の素ほかオリジナル調味料や関連する食材・食品を購入することができます。人気商品トップ3は、湯煎で温め、あたたかいご飯に乗せるだけの「かかんの麻婆ソース(1,200円) 」。辛味が苦手な方やお子さんに人気でお肉たっぷり、湯煎で温め、あたたかいご飯に乗せるだけの「かかんの魯肉飯の餡(1,100円)」。よだれ鶏にはもちろん、餃子や唐揚げにも相性抜群の「かかんのよだれ鶏のタレ(850円)」。食欲をそそる山椒の香りと、コクと深みのある辛さで、暑さで食欲がなくなってしまうこともある夏にぴったりです♪

▲スタンド方式のおしゃれな外観の路面店

▲人気商品トップ3

江ノ島で素敵に夕涼み『江の島灯籠』(2022年は7/23(土)~8/31(水)の期間で開催)

夏にぴったりのお土産を購入した後は、再び江ノ電に乗り、江ノ島へ。暑さが和らぐ夕方から江ノ島を訪れ、この時期だけのイベントを楽しんでみてはいかがですか?『江の島灯籠』は、1000 基の灯籠で江ノ島をライトアップする夏のイベント。2022年は7/23(土)~8/31(水)の期間で開催されます。期間中は、江島神社や江の島シーキャンドルなど、江ノ島の代表的なスポットが幻想的な光に包まれます。江ノ島では年間を通じて様々なイベントが開催されています。最新のイベント情報は江の島シーキャンドルHPで確認できるので、おでかけ前にぜひチェックしてみてください♪

▲灯籠の淡い光に包まれ、江島神社が幻想的な空間に

江ノ島頂上のアウトドアリビングで味わう極上の夕陽体験『THE SUNSET TERRACE』

イベント開催時以外にも、夏の夕暮れに訪れたいスポットが江ノ島の頂上にあります。2019年にリニューアルオープンした【THE SUNSET TERRACE(ザ サンセット テラス)】は、江ノ島の頂上から360度の絶景を望める江の島シーキャンドルのたもとにある癒しのアウトドアリビング空間。ゆったりとしたソファに座りながら、沈む夕陽、おいしい空気、地元の食材を使った料理など、目にも舌にもごちそうを味わえる絶景くつろぎスポットで、一日の終わりを締めくくってはいかがですか。

▲江ノ島の中心、すべてがごちそうの空間へ

【優待・割引情報】江の島・鎌倉フリーパスご提示で、「江の島シーキャンドル」の入場料10%割引