紫陽花見どころスポット2022

【2022版】鎌倉・江ノ島 各エリアの紫陽花スポット5選

  • #あじさい

本格的な夏の前に、湘南地域も紫陽花の季節を迎えました。梅雨の合間の晴れの日はもちろん、しっとりと雨が降る中の散策は密もなくゆっくりと楽しむことができます。紫陽花鑑賞に、ぜひお出かけください。

一条恵観山荘(鎌倉エリア)

白いアナベルが見ごろを迎えていました(2022年5月31日撮影)

一条恵観山荘前の庭園に咲く紫陽花(2022年5月31日撮影)

かふぇ楊梅亭(やまももてい)から望む庭園。新緑の美しさも堪能できます

鎌倉駅から鶴岡八幡宮や宝戒寺などを超え朝比奈方面へ進むこと徒歩30分。江戸時代初期の遺構、国指定重要文化財「一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)」では、手入れのされた庭園に咲く西洋あじさい、山あじさいを楽しむことができます。かふぇ楊梅亭(やまももてい)では大きな窓から見える庭園に咲くあじさいを愛でながら、季節のお菓子とお抹茶を楽しむことも。最新の開花情報はHP、SNSなどでご確認ください。

「一条恵観山荘」
住所 鎌倉市浄明寺5-1-10
アクセス 鎌倉駅発 京急バス4番乗り場より約10分「浄明寺」下車。バス停より徒歩2分
開館時間 10:00-16:00
休館日 22年7月17日までは休館日なし
入園料 500円
ホームページ https://ekan-sanso.jp/
SNS Instagram

浄智寺(北鎌倉エリア)

鎌倉十井のひとつ、甘露ノ井から清水が流れる池のほとりの紫陽花(2022年6月2日撮影)

鐘楼門脇に咲く紫陽花(2022年6月7日撮影)

鎌倉五山第四位、古刹浄智寺は北鎌倉駅から徒歩8分ほど。境内入口、甘露ノ井から湧き出る清水が流れる池のほとりの紫陽花が迎えてくれます。山門から参道両側に咲く紫陽花も多く、新緑と合わせ初夏の景色を楽しむことができます。境内には鎌倉七福神のひとつである布袋尊さまの石像も。

「浄智寺」
住所 鎌倉市山ノ内1402
アクセス 北鎌倉駅から徒歩6分
拝観時間 9:00-16:30
拝観料 200円、子供(中学生以下)100円
ホームページ https://jochiji.com/

長谷寺(長谷エリア)

上境内に整備された「あじさい路」では色とりどりの紫陽花を楽しめます(写真 長谷寺提供)

経蔵横の斜面に咲く紫陽花。竹林も美しく癒しの空間です(2022年6月2日撮影)

昨年、ご本尊の「十一面観世音菩薩」さまが造立1300年を迎えた長谷寺。毎年、紫陽花の時期は上境内奥「あじさい路」にて種類、色彩も圧巻の紫陽花を堪能することができます。紫陽花と合わせ眼下に広がるお寺の建造物、町中を走る江ノ電、そして相模湾。鎌倉ならではの景色も一緒にお楽しみください。密をさけるため人数制限を行う「あじさい路」への入場には拝観券とは別にあじさい入場券をお求めください。混みあう前、朝の鑑賞がおススメです。最新の開花情報はHP、SNSなどでご確認ください。

「長谷寺」
住所 鎌倉市長谷 3-11-2
アクセス 長谷駅から徒歩5分
拝観時間 8:00-17:00(夏季)
拝観料 大人400円 小学生200円。あじさい入場券300円。 
ホームページ https://www.hasedera.jp/
SNS  Instagram

稲村ヶ崎公園(稲村ガ崎エリア)

公園では紫陽花と合わせ相模湾越しの江の島や夏富士も楽しむことができます(2021年6月14日撮影※昨年撮影)

相模湾、江の島、富士山、そして夕日。眺望の良さは鎌倉でも随一の人気スポット。晴れた日は芝生の上でゆっくりと過ごす人々で賑わいます。6月下旬まで公園内の野趣あふれる紫陽花も楽しめます。

「稲村ヶ崎公園」
住所 鎌倉市稲村ガ崎1丁目19
アクセス 稲村ヶ崎駅から徒歩7分

江島神社(江の島エリア)

龍宮のぐるっと周りを囲むように咲く紫陽花(2022年6月5日撮影)

瑞心門の脇に咲く紫陽花(左)奥津宮境内にも(右)(2022年6月7日撮影)

江の島島内に点在する江島神社のお社と境内、そして参道のあちらこちらで紫陽花が咲いています。奥津宮とその隣 龍宮は紫陽花の株も多く、青、紫、白、ピンクと目を楽しませてくれます。また中津宮に隣接する中津宮広場(花の名所)は島内でも紫陽花の名所となっており例年6月下旬までしっかりと咲いています。島内を散策しながらお楽しみください。

「江島神社」
住所 藤沢市江の島2丁目3番8号
拝観時間 8:30-17:00
ホームページ http://enoshimajinja.or.jp/
SNS  twitter

取材:ALOHAS
※掲載情報は取材日時点のものです。

江の島・鎌倉フリーパスで紫陽花巡りをお得に楽しもう

紫陽花巡りには、小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由の「江の島・鎌倉フリーパス」が便利です。小田急線(発駅~藤沢)の往復割引きっぷが付いて、対象の店舗や施設で優待や割引も受けられるので、江の島・鎌倉散策がお得に楽しめます♪

▲小田急線(藤沢~片瀬江ノ島)と江ノ電が乗り降り自由に♪

スマホで購入し、そのままスマホがチケットになるデジタル版江の島・鎌倉フリーパスが特におすすめです。いつでもどこでも購入できるので、思い立った時にすぐに購入できてチケットをなくす心配もなく安心です♪

▲乗り降りや優待・割引を受ける際は、画面を見せるだけ!

デジタル江の島・鎌倉フリーパスの詳細は以下のリンクよりご確認ください。