#フォトグラファーとめぐる絶景散歩

古都写真家・原田寛さんの鎌倉さんぽ【第1弾】

  • #神社仏閣
  • #カフェ
  • #おみやげ
  • #テイクアウト
  • #和食
  • #ランチ
  • #イタリアン
  • #ケーキ

ナビゲーター紹介:古都写真家・原田寛さん

「古都グラファー」として京都、奈良、鎌倉などの古都に特化した撮影を40年以上にわたって続けている写真家の原田寛さん。お住まいの鎌倉から少し足をのばした北鎌倉エリアは、お気に入りのさんぽコースのひとつ。

北鎌倉の魅力といえば、緑深く、禅寺が集まる凛とした雰囲気です。思わずシャッターを切りたくなる、和の情緒あふれる景色をナビゲートしてもらいました。鎌倉観光文化検定の受験対策講座講師でもある原田さんの、トリビア解説もお楽しみください!

鎌倉の歴史と文化、自然の撮影がライフワーク。湘南エリアを撮影してまわる大好評の風景写真教室は、単発や体験参加も可能

1948年生まれ、鎌倉市在住。鎌倉の歴史と文化、自然の撮影をライフワークとし、‟古都グラファー“の異名を持つ。写真集『鎌倉』、『鎌倉Ⅱ』、『鎌倉長谷寺』、『古都櫻』、写文集に『古都の写し方入門』、『鎌倉の古道と仏像』、『鎌倉の古寺』、『鎌倉花手帳』、『鎌倉のまつり・行事小事典』、『鎌倉謎解き街歩き』など多数。日本写真家協会会員、鎌倉ペンクラブ会員。湘南エリアを撮影してまわる大好評の風景写真教室は体験参加も可能。

【マヤノカヌレ・PARLOR ROOM】骨董店をリノベーションした、ふたつの顔を持つお店

さぁ、北鎌倉から鎌倉まで、古都を味わうおさんぽのスタートです!

北鎌倉駅西口を出発するとすぐに、骨董店だった場所に新しくオープンしたカヌレの専門店を発見。早速立ち寄ってみます。

2021年5月にオープン、骨董店をリノベーションしたシックな佇まい

【マヤノカヌレ】と書かれた暖簾をくぐると、アンティークなガラスケースに、花びらを纏った美しいフランスの伝統的な洋菓子・カヌレが並んでいます。平飼いの卵と国産米粉を使用し、それぞれの味に合わせてエディブルフラワーを飾っているところがこだわりです。

食べるのがもったいない可愛いカヌレ。でもひと口かじれば、中のトロっとした食感のよさに思わず何個も手が伸びてしまいます。グルテンフリーなのも嬉しいポイント

エディブルフラワーのトッピングは、店主の高橋摩耶さんが花に関わる仕事や、花のアクセサリーを作っていたことから生まれたアイデアなのだそう。おうち時間の中でも、華やかな気分を味わってもらいたいという思いも込められています。

撮影時のラインナップ。定番のプレーン(左)はビオラ、ジンジャーオレンジ味(下)はオレンジピールとカレンデュラ、抹茶味はエルダーフラワー(上)、チョコ味(右)はバタフライピーが飾られていました

お店でイートインもできますが、ギフト用の曲げわっぱに詰めたテイクアウトがおすすめ! 北鎌倉観光のお土産にぴったりです。

カヌレの他、七里ガ浜でアーユルヴェーダのサロンを営む女性にブレンドしてもらっているハーブティー、クラフトコーラや自家製ジンジャーエールなどのドリンクも充実しています。三軒茶屋のOBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ)によるコーヒーも販売。カヌレに合うしっかりした味わいの定番と、季節に合わせて2、3種ほど仕入れています。

外で仕入れた食品や雑貨も。「地元の方がちょっとした気分転換にお買い物をしていただく場にもなれば」と摩耶さん

面白いことに、カヌレは週末だけの販売で、火・水・金・土の夜は、夫の浩介さんによるお酒とおつまみの店【PARLOR ROOM(パーラールーム)】として営業。クラフトビールやワインに合うおつまみを提供する、ふらっと立ち寄れるバーに変身します。ふたつの顔を持つユニークなお店に後ろ髪を引かれつつも、コーヒーとカヌレをテイクアウトして、いざおさんぽへ!

古都の歴史が散りばめられた街道歩き

温かいコーヒーと共に、禅寺のまち北鎌倉の中でも鎌倉五山第一位の格を持つ、【建長寺】へと向かって行きます。北鎌倉駅の西口から東口へと渡る第一円覚寺踏切では、「ここは円覚寺の境内だったんですよ」と教えてもらい、びっくり! 明治時代、富国強兵のため軍港への輸送手段である横須賀線の開通を優先した結果、円覚寺の境内内に駅と線路が建設されたのだとか。円覚寺を建設する謂れである白鷺池(びゃくろち)すら、半分に減らしてしまったそうです。

参道とは別に、馬に乗ったまま迂回して向かう馬車道もあったのだとか。石垣の基礎部分が残っています

第一円覚寺踏切を過ぎ、北鎌倉から鎌倉方面へ、神奈川県道21号をのんびり歩いて行きます。鎌倉江の島七福神のひとつである布袋尊がまつられている浄智寺や、安倍晴明の石碑、鎌倉古道・切り通しの亀ケ谷坂、建長寺の鎮守の第六天社など、道中でも様々な史跡を見ることができます。

原田さんのガイドを聞きながらの街道を歩いていくと【建長寺】まであっという間の道のりでした。

映画やドラマ、撮影スポットとしても人気の浄智寺。1月から2月は蝋梅(ろうばい)の花が見頃だそう

県道21号長寿門前にある、亀ケ谷坂の切り通し入口。扇ヶ谷と山ノ内を結ぶ古道で、鎌倉七切り通しのひとつ。昔はもっと勾配の急な坂で、亀が登れず引き返したという逸話があり、亀返坂とも言われます

【建長寺】プチハイキングと絶景でリフレッシュ

北鎌倉駅から徒歩15分、到着した【建長寺(けんちょうじ)】は、1253年(建長5年)に当時の執権北条時頼によって建立された、日本初の禅宗専門の道場です。臨済宗の名刹で、国宝の梵鐘をはじめ、多数の重要文化財や仏殿前の樹齢700年を越すビャクシンなど、見どころ満載のお寺。

国の重要文化財である仏殿には、建長寺の本尊・地蔵菩薩が安置されています。天井は、一般的な禅寺と異なり女性的で煌びやかな装飾。というのも、現在の仏殿は4代目で、徳川秀忠夫人お江の方の霊屋を譲り受けたからなのだそう

写経や坐禅会も行われる方丈(龍王殿)は、かつては住職が居住する場でした。方丈の裏には心字池の庭園も。原田さんが雨の季節に撮影した、禅宗庭園本来の様式である芝と松の美しさが際立つ一枚

2015年に作られた虫塚は養老孟司氏が発案、隈研吾氏が設計。竹林の中に、人間の都合により命を奪われてきた虫の慰霊碑とオブジェがひっそり佇みます

【建長寺】でぜひ訪れたいのは、絶景が楽しめる最奥の鎮守・半僧坊。総門からは30分ほどのプチハイキングです。長い石段を登って行くと、突如現れる12体の天狗の石像。ふもとの景色とは違う神秘的な雰囲気を醸し出しています

半僧坊は家内安全、厄災消除のご利益があるとされ、特に海上安全の祈願が盛んだそう。「船の安全を祈る大正時代の石碑が見えますか」と原田さん。「昔は、正月に千葉から一斉に大きな船でやって来て、鎌倉で小船に乗り換え、江ノ電を乗り継ぎ、ここで祈祷していたそうですよ」

大権現のお使者の天狗が見守る中、さらに山に分入るように無心で進み、吹き渡る風に耳を澄ませていると、心が洗われていくようです。そして、なんという絶景でしょう! まさに旅のハイライトと言っても過言ではありません。

鎌倉の街並みと相模湾。半僧坊から5分ほど山道を登った勝上嶽展望台からの眺め

澄んだ冬の空気の中、壮大な富士山を楽しめる北鎌倉随一の景勝地。この先は天園ハイキングコースへと道が続きます

建長寺の境内巡りはちょっとした運動にもなり、気分も晴々、リフレッシュできます。北鎌倉通の原田さんがおすすめする天空の絶景スポットも、ぜひ歩きやすい靴で訪れてみてください。

【点心庵】「茶」と「禅」の心に触れる空間で、建長寺伝承の味を

プチハイキングですっかりお腹が空いてしまった一行を温かく迎えてくれたのは、建長寺のふもとにある【点心庵】。

建長寺の総門前に2018年にオープンした【点心庵】。臨済宗建長寺派大本山・吉田正道老大師より店名を授かったとのこと

古民家をリノベーションした店内は落ち着く空間。円窓のある坐禅堂では、記念撮影も可能

看板メニューは、伝承建長汁(けんちんじる)。【点心庵】の建長汁は、発祥と言われる建長寺から直接指南されており、ここでしか味わえない貴重な一杯です。おすすめの、湘南野菜の鎌倉はちみつカレーもぜひ。カレーには湘南野菜を惜しみなく使い、料理長の髙橋博文さん自ら建長寺の裏山で養蜂しているはちみつが隠し味に使われています。

左の辛すぎずマイルドな湘南野菜の鎌倉はちみつカレー(左)には、山椒をトッピングするのが【点心庵】のスタイル。右の伝承建長汁・小鉢・塩むすびのセット(右)は、凝縮した野菜の旨味とごま油が体に染みる滋味深さです

希少な国産はちみつはお土産にも大人気。建長寺の敷地内で特別に養蜂し、抗生物質不使用、無添加、非加熱で丁寧に作られています。ラベルの文字は臨済宗建長寺派大本山・吉田正道老大師のもの

「鎌倉に住んでいる、あるいは鎌倉に遊びに来ていただいたお客様に、この土地らしい和の心に触れていただきたくて、禅茶寮と謳っています。店内では鎌倉彫作家の三橋鎌幽や、北大路魯山人の釜を継ぐ河村喜史の作品を飾ったり、実際に食器としてお使いいただいています」とのこと。鎌倉づくしの空間と料理を堪能することができました。

【albicocca】気取らず本格的な味を楽しめる、隠れ屋イタリアンカフェ

お腹も満たされ、鎌倉方面へと再び歩き出します。鶴岡八幡宮西口の手前で、旧巨福呂坂の切り通しに立ち寄りました。

「ちょっとマニアックですが、この坂の先あるのが【青梅聖天社(おうめせいてんしゃ)】。源頼朝が歯痛で寝込んでいる時に梅が食べたいと所望し、鎌倉中探してやっと梅を見つけた場所なのだとか。梅や水仙が咲く時期は本当にきれいなんですよ」と原田さん。

梅や水仙の香りに包まれる小さな社。原田さんのお気に入りの撮影スポットをこっそり教えてもらいました

すると、観光客が通らないような行き止まりの路地ですが、イタリアの国旗がはためく雰囲気のあるカフェレストランがあるではないですか! 花の写真を撮影しにこの辺りを訪れていた原田さんも、ずっと気になっていたお店だったそう。たくさん歩いたので、甘いものでも食べたいところ、ひと休みしていくことにします。

明治時代に建てられた古民家を改装して、絶壁に囲まれた環境にある店舗。東向きなので朝は燦燦と朝陽が降り注ぎます

湘南地域でイタリアンの料理長として働き、独立したオーナシェフの山田数範さん。店名の【albicocca(アルビコッカ)】はイタリア語で杏、お子さんの名前に由来しています

「最初はイタリアンレストランらしい、白い洋風の建物をイメージしていたけれど、この物件にすっかり一目惚れしてしまって」と、山田さん。築100年の古民家をコツコツとリノベーションした店内にはゆったりとジャズが流れています。初めて訪れたとは思えない、居心地の良さ。

古民家に元々あった建具や大正ガラスも活用。奥には子ども連れにも嬉しい個室の和室や、テラス席もあります

早速メニューを見せてもらうと、ケーキだけでも7種類も! 迷いに迷って、アップルシナモンタルトとコーヒーに決定。りんごの自然な甘みが爽やかで、クランブルの食感もよく、あっという間に平らげてしまいました。

タルト生地の上にはパンケーキ生地、さらにはりんごとクランブルのハーモニー。シナモンとキャラメルソースがいいアクセント

フードメニューも、本格的なパスタ、ピザ、肉料理、魚料理と豊富です。「食の好みも人それぞれ、気分に合わせて食べたいものがお出しできるよう、バラエティを持たせたメニューを考えています」と、細やかな気遣いが嬉しいですね。そして、鎌倉にしてはとてもリーズナブル。盛りだくさんのさんぽの最後には、ランチやディナーにも訪れたい穴場カフェを発見することができました。

四季折々に変わる美しい情景と、長い時の流れの中に刻まれた数々の物語が魅力の北鎌倉さんぽ、ぜひ皆さんも楽しんでみてください。

取材・文 二木薫
写真 原田寛