喧騒から離れた北鎌倉のシンボル

崖の上のお店で楽しむ、自家焙煎コーヒー

  • #カフェ
  • #コーヒー
  • #おみやげ
  • #テイクアウト

【石かわ珈琲】崖の上の店で楽しむ自家焙煎コーヒー(※2021年11月現在: イートイン休業中・コーヒー豆の販売とドリンクのテイクアウトのみ営業)

北鎌倉駅から明月院を抜けてしばらく、崖ぎわの階段を上った先にあるのが【石かわ珈琲】。“谷戸”と呼ばれる鎌倉特有の谷状の起伏に富んだ、観光地からは遠く離れた住宅地を、店主・石川新一さんはあえてロースタリー&カフェの場所として選んだ。

「店舗兼住居となる物件を探していました。長く住むなら自分の好きな所を、と厳選を重ね、 この場所を選びました」

ベストセラーのブレンドコーヒーは、高品質な生豆を石川さんが焙煎した3種類。カフェを訪れた人がその後おみやげや通信販売で購入し、着実にファンを増やしている。

「ブレンドコーヒー」と「コーヒー豆保存缶」。豆は中煎り、中深煎り、深煎りから選べるほか、石川さんが厳選・焙煎した豆を常時10種類以上揃えている

珈琲缶のラベルの元ネタになったのは、店へと続く目印の階段

店のスイーツも自家製。焼き目を付けずに蒸し焼きするチーズケーキはコーヒーとの相性も抜群(※現在イートイン休業中のため提供なし、コーヒー豆の販売とドリンクのテイクアウトのみ営業)

「開店当時はコーヒーマニアの方がわずかに来てくれるだけでした。ですが翌春、情報誌で紹介されると、今度はさばき切れないほどお客様が殺到。どうにもならなくなり、まだ結婚前だった妻に手伝いに来てもらったんです」

その後、妻となる久美子さんは元お客様。2011年に結婚し、現在はふたりで営業を行っている。

「流行や人波の変化に左右されることなく、年を重ねても変わらずにいたい。そして幅広い世代の人たちに愛される店でありたいと思っています」

丁寧にドリップする店主の石川さん