Cinnamon and more

#路地裏の隠れ家へ

長谷の秘密にしたいカフェ3選

  • #カフェ
  • #ランチ
  • #ケーキ
  • #コーヒー
  • #エスニック
  • #サンドイッチ

【Cinnamon and more】空間にもメニューにも店主の美意識が輝く(長谷駅)

料理好きの元グラフィックデザイナーの店主が自宅を改装して開店したカフェ【Cinnamon and more】。キッチンをイメージしたスタイリッシュな空間で、手作りのパンやケーキ、ブランチを味わえる。看板メニューのシナモンロールは、香り立つシナモンと甘みがシングルオリジンのコーヒーによく合う。素敵なマダムの店主との会話も楽しんで。

▲かつて暮らしたニューオリンズのカフェの味をめざし、レシピを磨いたシナモンロール。チョコレートケーキも定番。日によってレモンパイやキャロットケーキも

▲朝7:30から夕方16:00まで終日提供しているブレックファストオールデイ。ローストチキンやホームメイドソーセージなど肉料理と目玉焼き、パン、野菜のプレートにドリンクが付く

▲店内も隅々までハイセンス。家具や照明も特注のもの。ふかふかのモケットのチェアが心地いい

▲床のタイルのモチーフがメニューにも。隅々まで、目に見えるすべてにデザインが込められている

【蕪珈琲】特別感いっぱいの空間とおもてなし(長谷駅)

海と大仏様をつなぐ道の途中の、収玄寺というお寺の境内に生まれたカフェ。東京藝術大学建築科の藤村龍至研究室が築60年の古民家改修と家具制作を行った空間は、洗練と懐かしさが共存する。一人ひとりに特別感を感じてほしいと、コーヒーの豆や器、サンドイッチの具などを選べるおもてなしも素敵。庭園の緑と心地よい音楽に癒されながらくつろげる。

▲賑わう人通りから一歩踏み込むだけで流れる静寂

▲座る席によって雰囲気も変わるから、何度も通いたくなる

▲旬の果物4種から具を選べる「フルーツサンド」は、無糖マスカルポーネチーズが果物の甘さを引き立てている。コーヒーの王様「ゲイシャ」を合わせて

▲店主の母・片野順子さん。コーヒーはコロンビアやインドネシアなど色々な種類があり、迷っても優しく好みを聞きながら選んでくれる

【坂ノ下アジアンカフェ ICE kitchen】タイ人主婦が作る本格エスニック料理を(長谷駅)

タイ出身・長谷在住のアイスさんがホームパーティで出した料理が評判になり開いたアジアンカフェ。調味料もタイから取り寄せて現地の味を再現しています。

▲酸味と辛さがくせになる本場トムヤムクンはフォーかライスを入れて。サクサクの米粉入りパンで作る坂ノ下バインミーはたっぷり具材で満足感大! ベトナムコーヒーと味わおう