【2021秋】おさんぽマップ①

秋の鵠沼海岸~江ノ島周辺をおさんぽ!

  • #絶景
  • #海が見える
  • #富士山が見える
  • #自然
  • #パン・ベーカリー
  • #朝食
  • #夜景がきれい
  • #カフェ
  • #本好きな人におすすめ

日の出から日の入りまで、まるごと一日を楽しみたい

夏の暑さも過ぎ去って、段々とすごしやすくなってくる秋の季節。もくもくと湧き立っていた入道雲から、爽やかな秋の雲に空の様子も変わってきたころには、江の島から見る朝日と夕日も一段と美しくなってきます。

今回は、鵠沼海岸~江の島エリアで日の出から日の入りまでを見届ける、のんびりとした海街の一日でのオススメの過ごし方をご紹介します。

朝の鵠沼海岸。サーファーの後ろ姿がまぶしい

【Quinto 鵠沼海岸店】鵠沼海岸の朝は、爽やかな小麦の香りから

小田急線の鵠沼海岸駅に降り立つとすぐに、のんびりとした海街ならではの雰囲気に朝から幸せな気持ちになります。ゆったり商店街を歩いていると、小麦のいい香りが...。

【Quinto 鵠沼海岸店】は2018年5月にオープンしたベーカリーカフェ。コンクリートのモダンな雰囲気に木のぬくもりが加わった落ち着ける空間。デニッシュやカンパーニュ、ケーキやドーナツ、オーダーを受けてから作るピッツァやパニーニまで70種ほどが並ぶ充実のラインナップ。 鵠沼海岸の商店街の風景を眺めながら、焼き立てパンのいい香りを楽しんで。

もちろん、テイクアウトして浜辺で食べるのも最高!(ただし、トンビにだけは気を付けて!)

【シネコヤ】映画と本、物語の世界に一日中ひたる贅沢も◎

※設備導入のため12月下旬まで休業しております。詳細はHPをご覧ください。

海辺のおさんぽを終えたら、ちょっと一休み。太陽の光をいっぱい浴びたあとには... "読書の秋" とも言うし、少しインドアな過ごし方もしてみたい。

そんなあなたにおすすめしたいのが【シネコヤ】。パンと本、そして映画に好きなだけ浸れる場所として2017年にオープン。1970年代に建てられた写真館のショーウインドーや懐かしい床材はそのままに少しだけ手を加え、現在の形に。ゆったり椅子に腰かけながら、良質の映画と本に触れ、お腹がすいたらおいしいパンを食べ...。新しいのにどこか懐かしい空間で、贅沢な時間が過ごせるはず。

映画の愛があふれ出す、映画と本とパンの店

【江の島岩屋】江の島最奥部のパワースポットで気分は探検家

映画や本で様々なストーリーの世界に入り浸ったあとは、【江の島岩屋(エノシマイワヤ)】へ冒険に出かけて、あなただけのストーリ-を作りましょう!

江の島の最奥部、打ち付ける波が何千年もかけて浸食したことによってできた洞窟は神秘的で、まるで探検家になったような気分に。2つある洞窟のうち、ひとつは遠く富士山の氷穴に通じるといわれ、もうひとつは北条時政の龍神伝説の地とも言われています。江の島には、北条氏の家紋である「ミツウロコ」が島のいたるところにあるので探してみるのも楽しいですよ。

この洞窟は長い年月をかけて波がつくった自然の神秘

洞窟の奥には龍神様が

【THE SUNSET TERRACE】江の島頂上のアウトドアリビングで味わう極上の夕陽体験

岩屋での大冒険を終えたら、再び島の頂上へ。2019年にリニューアルオープンした【THE SUNSET TERRACE(ザ サンセット テラス)】は、江の島の頂上から360度の絶景を望める江の島シーキャンドルのたもとにある癒しのアウトドアリビング空間。

ゆったりとしたソファに座りながら、沈む夕陽、おいしい空気、地元の食材を使った料理など、目にも舌にもごちそうを味わえる絶景くつろぎスポットで、一日の終わりを締めくくってはいかがですか。

江の島の中心、すべてがごちそうの空間へ