藤沢駅

cafe bar & food soundmarket
カフェバー アンド フード サウンドマーケット

  • #アメリカン
  • #アンティーク
  • #おでかけ
  • #エスニック
  • #グルメ
  • #デートにおすすめ
  • #バー

レコードからミュージシャンの生演奏まで。多彩な音楽を手作り料理とお酒とともに楽しめる老舗ミュージックバー

藤沢駅南口から徒歩5分の場所にあるsoundmarketは、幅広いジャンルの音楽を様々な形で楽しめるミュージックバーです。月のうち半分はソウル、R&Bを中心としたアナログレコードによるDJプレイ。残りの半分はミュージシャンの生演奏やライブセッションが開催されています。お店の開業は2000年。以前は、19時から翌朝4時まで音楽を聴けるバーでしたが、社会状況の変化に伴い、2020年からはcafe bar & food soundmarketと名称を変え、年中無休で16時から25時までの営業に変更。フードやドリンクメニューも充実させ、より幅広い層のお客様に食とお酒と音楽を提供できるようになったそうです。

ログハウス風のウッディなテーブルやチェアが温もりを感じさせる店内。奥のDJブースがオーナーDJ滝さんの定位置です

オーナーDJの滝さんは30代で会社勤めを辞め、起業したビルメンテナンスの仕事を続けながら、好きな音楽と食を通して人と関わる店を出したいと考え、2000年に今の場所にbar soundmarketをオープンしました。「自分の音楽の原点は60年代、70年代のディスコサウンド。中学生のころ、バイト先の先輩に連れて行ってもらった下北沢辺りのディスコや鶴間にあった伝説のディスコ「シルバースワン」等でソウルやR&Bのワクワクするサウンドに触れ、たちまち虜になりました」と滝さん。映写技師だったお父様が音楽好きで、家には映画音楽やクラシック音楽、モダン歌謡まで、たくさんのレコードがあったとのこと。子守唄がわりにレコードを聴かされていたそうで、ディスコ音楽とともに、こういった体験もオーナーの音楽ルーツなのかもしれません。

入口を入って左側にバーカウンター、正面にDJカウンター。ここから、美味しいお酒とグッド・ミュージックが届けられます

ログハウス風のお店の内装はすべてオーナーのハンドメイドで、自ら信州黒姫高原に赴き、原木を削って組み上げるログハウスの技術を学び、バーとDJ コーナーにある2つのカウンターとメインテーブルを組み上げられたそうです。ゆったりと居心地の良い空間で音楽を楽しんでほしいというオーナーのこだわりが素敵ですね。

次々と懐かしいレコードがかるDJプレイ。気に入った曲があれば、DJ(オーナー)に話しかけてみましょう!(聴きたい曲のレコードがあればリクエストに応じてくれるかも?)

年季を感じるレコード棚。ソウル、R&Bを中心にロックやジャズなど、レコードのコレクションは3000枚ほど

バーカウンター後ろの棚に並ぶのは世界中の洋酒が60種類以上。その他に薬草酒や果実のリカー、ワイン、生ビール、焼酎、日本酒も揃っています

ソウルミュージック好きのバーテンダー勝俣さんが目の前でつくるカクテル「究極のブラディメアリ」(1,000円)

ズブロッカをベースにレモンと「クラマトトマトジュース」(トマトジュースにハマグリのエキスと香辛料を混ぜたもの)で仕上げた「究極のブラディメアリ」は、ハマグリの旨味が活きたトマトジュースがズブロッカとまろやかなハーモニーを醸す逸品。添えられたセロリのマドラーがアメリカのクラシック・バーの気分です。バーテンダーがつくる本格的なカクテルは定番ものやハーブ・カクテルも含めて40種以上。その他、各種ソフトドリンクやハーブティーも用意されています。

ワインによく合う「バゲット焼きゴルゴンゾーラ蜂蜜がけ」(500円)。カリッとトーストしたバゲットに香りの強いゴルゴンゾーラがトッピングされ、それを蜂蜜の甘みがマイルドに包み込んでいます

「セロリと干しえびのチャーハン」(800円)。干しえびの香りが素晴らしく、トッピングのトマトも爽やか。締めのメニューとして満足度の高い一品です

お酒とともにつまめるチーズやオイルサーディン、タコスといった軽食や乾きもの、そして、しっかり食べたい時はパスタ、チャーハン、ガパオライスなど、フードメニューも充実しています。しかも、料理で使われている野菜は鮮度と美味しさにこだわり、安心・安全にも配慮した神奈川県内の契約農家直送のものをセレクトしているそうです。

毎月、アコースティック中心にライブやセッションが行われています。この日は、スパニッシュギターと歌のTama Tsuboiのライブ。ボサノバ、ジャズ、ロックをカバーした多彩な演奏と心に沁み入る歌声に魅了されました

デジタル配信が音楽の聴き方の主流となっている現在。60年~80年代の優れた楽曲がカバーやサンプリングによって生まれ変わり、多くの若者たちに新鮮な感覚で受け入れられています。「若者中心にレコードが見直されはじめ、アナログな音に回帰する動きがあるような気がします」と話すオーナーの滝さん。soundmarketでのライブ生演奏と滝さんのDJの両方が楽しめるお店のスタイルは、時代がひと巡りして、新しい音楽の楽しみ方なのかもしれませんね。soundmarketでは月に数回のライブの他、ジャズ、ロック、ブルースのセッションも定期的に行っています。ライブやセッションのスケジュール及びミュージック・チャージはホームページ内のスケジュールカレンダーでご確認ください。


取材 ALOHAS
※価格はすべて税込みです。 
※掲載情報は取材日時点(2022年11月)のものです。

掲載記事

概要

※掲載している情報が変更になっている可能性がございますので、公式サイト等で最新の情報をご確認ください。

店舗名
cafe bar & food soundmarket
カフェバー アンド フード サウンドマーケット
住所
〒251-0025 藤沢市鵠沼石上1丁目13-13藤沢駅南口分譲共同ビル1F
TEL
0466-27-8112
アクセス
藤沢駅南口から徒歩5分
営業/拝観時間
月~土曜16:00-25:00
日曜  16:00-24:00
定休日
無休(不定休)